交通費清算システムの導入で経理効率アップ

バブル景気の崩壊以降、多くの企業が業績の悪化に苦しんできています。製品やサービスが売れてこない状況ですので売上が上がってこないためです。それでもグローバル化の影響もあり国際的なシェア争いなどもし烈となってきているのです。とくに価格的な競争が続いているため企業においては少ない売上の中でも利益を確保していく必要に迫られてきました。経費の節減、作業の効率化などが図られてきているのです。とくに企業の売上などには直接的には貢献しないような事務作業などにおいて人手がかかっていたような作業においてシステムの導入などが進んでおり飛躍的に効率が上げられています。勤怠管理や交通費清算、福利厚生などがそれに当たりますが、もちろんこのような分野も企業の営業活動の継続には必要不可欠なものであり、これらをシステム導入により、より効率よく運営していくことが企業には求められているのです。


交通費清算の円滑にすすめるアプリ

毎日、企業において勤務しているといろいろな申請や申告が必要になってくるものです。とくに向上勤務など決まった時間で決まった場所で勤務をしている場合には芹泰カードなどで出勤・退勤、休日などを管理することで多くが解決していることもありますが、たとえば出張や取引先回り、飛び込み営業などが主体となっているような勤務形態の場合にはいろいろと申請や申告などが必要になってきます。とくに出張や公共交通機関を利用しての取引先回りなどとなると交通費申請も大変な手間になってくるのではないでしょうか。多くの場合、一ヶ月間の交通費清算をまとめておこなっていることでしょう。そうなるとなかなか手間ですし、忘れてしまっているようなこともあります。そこで利用したいのがスマートフォンなどで利用できる交通費を清算するのに便利なアプリなのです。その都度メモ感覚で記録できますのでまとめる際に非常に便利なものになっているのです。


交通費清算は、小まめに経理へ提出

会社員をしていると、突然の出張業務を命じられる時が多々あります。そんな時の電車賃・交通費は自腹で前払いをして後日清算をする流れになります。そんな交通費清算は、毎週、小まめにしたいものです。1ヶ月をまとめて提出する人がいますが、提出する方も受ける方も確認作業が大変です。間違えた清算書を提出してしまったら、本人の信頼にも繋がります。電車などの交通ルートは、出来るだけ格安な料金のルートで移動したいものです。実際の金額についても、全期間交通費を覚えてられません。忘れてしまった金額は、インターネットで確認をするという流れになります。領収証がある交通費は、当然、貼付をして請求をします。電車賃についても、自動券売機で領収証を発行してくれます。お金に関するやりとりなので、正確にスムーズに清算したいものです。

交通費精算で一度だけ失敗したことがあります。 あるお客さんのところに訪問した際の交通費を申請したら、後日経理から呼び出しを喰らいました。 どうやら、ルート内に定期区間が含まれていたらしく申請した交通費だと、不正請求になるとのこと。 東京メトロを利用していて、よくわからないのですが、定期区間があったとの事。 普通にインターネットで検索して申請しただけなのに、今までの申請も疑われたり、色々と問題になりかけました。 必死に悪意はないことを説明したのですが、なんで今回だけ言われたのか今でも不思議です。 今は交通費精算ツールを全社的に導入したので、こういう事件も起きなくなったので今となってはいい思い出です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*