事実を記載して交通費清算をする

学生と違い社会人として仕事をしていると、いろいろな手続きがありますが、その中でも交通費清算などがあります。基本的には実費になることが多いですが、企業によってはそうじゃない場合もあります。毎月のように定期を配っていたり、終電の無いような時間まで仕事をする業態であれば、タクシーチケットなども支給されたりします。通常の企業であれば自分の給料から払って、その後に手続きをすることで、会社から支給されるというのが通常のパターンとなっています。あくまでも事実を記載して、交通費清算がなされますので、偽ったりしてしまうと会社から請求されることはもちろん、下手をすると解雇になってしまうこともあります。こういった書類上の事は、しっかりと真実を記載する事で、会社と個人お互いにビジネスとしての契約を全うしているといえます。


様々なビジネスシーンから変わる交通費清算

企業ではいろいろなビジネスシーンから、交通費というものが、電車の場合やタクシー、そして出張の場合では航空機もあります。こういった交通費清算では、自分でお金を出して、その後に会社に請求をするということがほとんどだと思います。この会社に請求する時というのは、月末に書類を提出して、領収書も必要になりますので、無くさないようにしないといけません。すぐに対処してくれる企業もありますので、常に必要書類を書く準備をしておくことです。普段は使わないが、急なビジネス現場に出向いたり、出張などがあるとバスや電車を利用することもあります。このような場合には、行き先や区間を記入して、料金がどのくらいかかったかを書いてから、領収書と一緒に提出することで、確認を取ることが出来て交通費を貰うことができます。自分で立て替えることが基本になっています。


交通費清算をして給与時に振込

お金を振り込むとき手数料がかかります。数百円かかるのですが、件数が少なければそれほど気になりません。しかし、この件数が多くなると大きなコストになります。ある会社では、社員に対する支払いについては振込にするようにしていました。給料や賞与はもちろん、経費支払いについてもその都度振り込んでいたのです。それがコスト負担になっていました。交通費清算については1週間に一度書類を提出して、翌週の頭に支払いが行われるようになっていました。それを給与のときに一括して振り込む形に変更したのです。そうすれば、社員に対する振込は1箇月に1度になります。資金繰りとしては個々の社員は少し辛いところですが、まとめて入ることでわかりやすくはなります。もちろん給与明細においてその詳細がわかるようになっているので、後で困るようなことはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*