交通費清算に便利なウェブサイト

客先に行くときには交通手段を利用します。どんどん乗り換えてある目的地に行きます。一日に複数の目的地に行くこともあり、どこで乗ったか、降りたかを思い出すだけでも大変です。それなのにその金額を思い出すのは至難の業になります。プリペイドカードやICカードなどを利用すれば、その度に現金を払わなくて済むので余計にわかりません。交通費清算をするときにはウェブサイトを利用します。そちらは、出発地と目的地を入力するとその交通費を出してくれます。幾つか経路があるときはそれを全て出してくれます。経由地を記入することもあるので、特別な方法を使ったのならそれも入力すれば正しい金額を出すことができるでしょう。実際に書類に記入するときに調べることもありますが、事前に調べてから行く場合もあります。その場合はより安く行く方法を調べることができます。


交通費清算で調べるのが大変なバス

東京都内においては主に都が運営するバスが走っています。あくまでも主であって、その他の会社のバスもたくさん走っています。料金については都営バスと同じような料金体系のこともありますが、違うこともあります。東京都から出れば各都市の市バスであったりしてツバスになります。非常に多くのバス会社があることがわかります。交通費清算において、バスの料金を調べるのは結構大変です。それぞれのバス会社のウェブサイトを見れば料金についてはわかりますが、多くの路線を抱えているところなどはそれを探すのが大変です。あるサイトでは関東地区を走っているバスについて調べられるようになっていました。バスをどんどん乗り継いで行くような場合も安心することができます。バス会社の中には大手の子会社などがあって覚えられないところもあります。それらも選択できます。


交通費清算は定期利用部分を除く

通勤において定期券を利用することがあります。鉄道であったりバスを利用したりすることもあります。定期券を利用すると、そちらの区間に関して新たにコストを払うことなく利用することができます。多くの会社においては交通費は会社から支給されていますから、その人がその区間を利用する場合新たな交通費は発生しない事になります。交通費清算をするとき、定期券を利用する部分については除かないといけません。これはどのような乗り方をしてもです。自宅側に走っている路線がいくつかあるとき、目的地に行くには別の路線の方が早くつくことが出来る場合があります。その場合は定期を使わず、すべてその路線の代金を支払うのです。この場合においても、定期と重なる部分については控除しなければいけない場合があります。会社のルールに従うようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*