交通費清算用のテンプレートを利用する

会社内で何らかの申請をするときは書類を提出します。自分の名前を書いて上司に提出します。上司が確認をしてチェックインを押すとそれを該当部署に回してもらえます。経費関係であれば経理部などに回されるでしょう。経理部でチェックされた後はお金の支払をしてもらいます。このときに利用する書類についてはどのようなフォームを利用するかです。交通費清算においては、社内で決まっているテンプレートを利用します。もし社員がそれぞれバラバラのものを使っているとしたら、チェックがしづらくなります。行き先を先に書いているものもあれば、路線を先に書いているものもあります。統一していれば、チェックの時も同じような方法でチェックすることができます。経理部などが定期的にテンプレートを見なおしてより書きやすくてチェックしやすいものにしてくれています。


交通費清算で定期に関するもの

消費税がアップするとき、交通費の方も反映されることがあります。近い距離であれば上がるところもあれば据え置かれるところもあります。もし上がる場合においては、事前に購入しておいたほうが安くなることがあります。アップする時期に合わせて事前に購入するかもしれません。どのように上がるかについては情報を得ることができます。交通費清算では定期券に関するものを提出することがあります。こちらは頻繁に提出するものではありません。住んでいるところと勤務するところが変わらなければ基本的には変わりません。引っ越しをしたり、勤務地が変更になったときにその都度提出し直します。経理部においてはそれぞれの人がどのような定期券を持っているかをチェックできるので、二重で申請したりしていないかを把握できます。データベース化している場合もあります。


交通費清算は1枚でたくさん記入できる用紙を使う

会社の経費を使ったので領収書をつけて経理部に提出することがあります。使うと言ってもそれほど大量に使うわけではありません。ですから書類は1枚に一つのことしか記入できないものです。頻繁に提出をする人もいますが、事務用品などは会社にありますから個人で買うことは少ないです。客先に茶菓子を持っていく時ぐらいに行います。交通費清算でもし1経路につき1枚毎になっていたらかなり大変になるでしょう。記入する側も大変ですが、チェックする側もどんどんページを捲らないといけません。経理に関する書類については一定期間保存する必要があります。毎日のように大量の書類が発生してそれを保存するする必要が出てきます。1枚において大量の記入ができるものであれば、記入するときもどんどん記入でき、チェックもどんどん出来ます。書類の保存も簡単です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*