専門学校の交通費清算について

娘と一緒に某専門学校の体験学習に行ってきたんですよ。私は勿論、つきそいなんですけど。何が助かったと言えば、交通費清算してくれたことでしょうか。さすがにこれは助かりましたよ。理由は簡単です。娘は自転車通学なんです。学校は別の町なんですが、同じ市内なんですよ。なので、体験学習に行った学校の交通費、なかなか、馬鹿にならないわけです。上の娘が定期を持っているけど、さすがに借りるわけには行きませんし。というか、そんなことをしたらいけませんよね。だけど、体験学習で交通費清算してくれる専門学校って案外、あるんです。といっても、学校へはいろんな方面からくるので地域を区切って清算していたんですが。それでも助かることには代わりがないんです。しかも、その学校、送迎バスも出していたんですよ。うちの近所にもきていたみたいですが。利用はへしませんでした。


交通費清算では経路を調べる

交通機関を利用するとそれぞれ費用がかかります。鉄道であれば距離によって運賃が高くなったり低くなったりします。バスは地域によって異なりますが、都市部などなら1回あたりは同額の事が多いです。鉄道は距離が長くなれば新幹線や特急など特別なものを利用したほうが効率的なことがあります。早く移動したほうが仕事が早く片付くからです。交通費清算を行うとき、まずは経路を調べます。バスであれば乗る回数のみでいいですが、鉄道の場合はどの路線の何駅から何駅まで乗車したかの情報が必要です。それによって金額がわかるからです。乗車したときはそれをメモなどに取っておいて、実際に提出するときにそれを記入するようにします。チェックする側もそれを入力しててチェックすることができます。近距離の場合は領収書などがありませんから、申告が重視されます。


交通費清算では領収書を添付する

東京から大阪まで行くときの交通手段としては新幹線が人気です。どちらにしても中心地に到着します。そこから取引先であったり、自社の支社などに向かいやすいのです。飛行機は乗っている時間は短いですが、空港まで行く必要があります。新幹線を利用するときは、特急券が必要になります。券売機などで購入することができます。交通費清算を行うとき、領収書を添付します。窓口で購入するときは領収書が必要かどうか聞いてくれます。また、券売機においても領収書が必要なときにボタンを押すことで発行してもらうことができます。そちらには日付であったり行き先、金額などが記入されていますから、どれだけかかったかが一目瞭然になります。新幹線や特急関係については領収書が発行されるのが知られているので、会社なでどでも添付されていないと受け付けてもらえないことがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*